ひとりごと

憧れている女性像(私の独断と偏見)~カッコイイ女と言われたい~

私には憧れてやまない女性有名人がいます。

将来、もっと歳を重ねた時にこんな風になりたいと思う方がいます。

それは 「夏木マリ」さんです!

 

 

夏木マリさんは私から見ても、他の誰とも違うオーラがあって、

いつもキラキラと輝いていて、同じ女性としてカッコイイ!と思うのです。

 

何が素敵で私を魅了するのか、

誰にもマネ出来ない圧倒的な存在感。

ファッションも独特ですが、生き方そのものも素敵!だと思いませんか?

 

先日同じ高校を卒業したOBの大きな同窓会がありました。

卒業して50年になる先輩は招待されます。

御年68歳の大先輩です。

 

68歳と言えば高齢になってきている世代です。

私は二階席から壇上にいる先輩方を拝見していました。

その中には同じ年齢とは思えないほど

若々しく見える方、逆に本当に同級生なの?

と感じる方もいらっしゃいました。

 

男性なら洗練されたスーツにおしゃれなネクタイを締め、

ポケットチーフなんかをさりげなく入れている

ダンディーという言葉がぴったりな方。

一方やや、いやかなり老けて見える方もいらっしゃいました。

 

同窓会は晴れの場です。

性別に関係無く精一杯のオシャレを披露する場所です。

これでもか、というくらい気合いの入っている方、

そうでも無い方もおられました。

 

女性陣も持てるすべてを注ぎ込んだかのように

ファッション、アクセサリーで着飾っている方達が多かったです。

 

そんな先輩を見ていて、私には到底無理って思いました(苦笑)

もしも、将来同窓会に招待されたとしても

同じように着飾る自信もセンスもありません。

 

みなさん頑張っているためか、女性陣は同じような印象でした。

では、どうやったら目立てるのか、

「うわっ、あの人ってすごく目立つよね。素敵!」

どうしたらひと味違う、すごい!と思ってもらえるのか。

 

考えてみた結果が「夏木マリ」さんです。

これでもか!と着飾った人の中で、シンプルなTシャツに細めのジーパン、

ヒールを履いた颯爽とした人がいたら、目を引くと思いませんか。

 

絶対に周りとは完全に雰囲気の違う存在に見えるはずです。

私はそうなりたい。

そのためには体型のキープなど努力が必要になっちゃいます。

だけど、Tシャツにジーパンで勝負してみたい!

 

 

ただの野望ですけど(笑)

「夏木マリ」さんは永遠にわたしの憧れる女性です。

目指していれば、近づく事は出来るかな?

ぜひチャレンジしてみようと思ってます。

 

う~ん、出来るかな?

頑張りますよ!!

目指せカッコイイ熟年女性!!をスローガンに日々努力します!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください