看護師のひとりごと

パンツを捨てるタイミングはいつ?穴が開いたら?ゴムが伸びたら?

パンツ(下着のね)はどのタイミングで捨てようと思いますか?

「ゴムが伸びてきたかな?」

「穴が開いてる!」

これは捨てるチャンス到来ですね。

 

パンツを捨てるタイミング

そのままゴミ箱へ放り込むのは気が引けちゃうので、洗濯してからにしようかな。

そんな事をしていたら、また履いちゃいますよね。

「もう一回いけるかな?」

そんなこんなで一回で済まなくなります。

 

子供のパンツはなぜか穴が開く確率高し、です。

穴が開いたら捨てるは、我が家の常識です。(ん?世の常識ですかね)

高級な下着はゴムを入れ替えるということがそもそも出来ません。

ゴムを通す構造になっていないですものね。

 

お腹周りや足繰りのレース部分から細くて伸びる糸=ゴムがピヨ~ンと出て来たら、そろそろお別れしましょう。

サヨナラの時です。

私の場合、年に1回行くか行かないかの旅行の時に捨てて帰ります。

洗濯物も減りますし、定期的に交換出来るので。

 

なぜ、パンツをいつ捨てるのか、そんな話をしているのかと申しますと。

こんな話題を取り上げるのは、私くらいかな?そう思ったもので。えへっ

 

救急車で病院へGO

老若男女を問わず、いつぶっ倒れるか、事故にあうか、分かりませんよね。

救急車で病院に担ぎ込まれるなんて自分には起こらない、そんな事分かりませんよね。

そろそろ捨てないとなぁなパンツを履いている時に、病院に運ばれちゃったらどうなると思いますか。

「ゴメンなさいね~。ズボン切らせていただきますね。」

 

問答無用で上着やズボンをハサミでジョッキンされちゃいます。

穴の開いてるパンツを履いていても何も言われません。

何も言いませんけど、おぉっと、すごいパンツだわ・・・くらいは思われています。

その後も運ばれた病院に通うことにでもなったとしたら?

 

植え付けられた印象

「あぁあの時の、穴の開いたパンツを履いていた人ね。」

名前でも顔でも無く、穴の開いたパンツを履いていた人。

そういう共通認識で見られているかもしれませんよ。

それはちょっとイヤでしょう?

 

何もお高い下着を薦めているわけでは無いですよ。

パンツを捨てるか、捨てないか。

その境界線となる指標として、

「今のパンツで病院に運ばれたら・・・」

これは1つの目安になるのでは無いのかな?

 

若い女性や男性はいつ勝負の時が来るか分からないので、それなりに気を付けていると思います。

出会いなど求めていない世代は要注意ですね。

薄々、スケスケになっても自分が良ければ、気にしない。

逆に薄くなったパンツは涼しくて夏にはもってこいだわ。なぁんて言う強者もいます。

 

 

まとめ : 後悔先に立たず、掛ける言葉を無くす

油断大敵ですよ~

そんな事をしていて後悔しても遅いですよ。

「パンツなんてたいして高くもないのに、買っておけば良かった・・・」

同情しにくい後悔じゃないでしょうか。

 

こんな時、どんな言葉を掛けたら良いのか、まったく分かりません。

「そんなに落ち込まないで。ちゃんとパンツは履いていたんでしょ?」

「いち患者なんてなかなか覚えてもらえないのに、すごいじゃないの。」

「穴よりもっとすごい人もいるらしいわよ~。」

どれも何かがズレてます。

 

結局なにが言いたかったのか、

パンツと歯ブラシはケチらずに新しいのを使ってね~!!

エールなのか、メッセージなのか・・・

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください