生活の知恵

「おはぎ」と「ぼたもち」の違いは何?気になるカロリーと美味しい作り方

「おはぎ」といえば身近な和菓子代表ですよね。

買ってきて食べるものだと思っていませんか。

作るのは意外と簡単なんです。おにぎりが作れるなら、「おはぎ」なんて楽勝です。

作りたてのおいしさは、買ってきたものでは味わえないおいしさです。

 

我が家の子供はなぜかあまりケーキや駄菓子を食べません。

どちらかというと、和菓子の方が好きなんです。

甘いものに目が無い知人にも私の作る「おはぎ」は好評です。

季節に関係なく、せがまれると作ります。

新米が出てお米の美味しい季節になったので、忘れないうちに書いておこうかな?

 

「おはぎ」と「ぼたもち」の違い

面倒なので、結論から言いますと「おはぎ」と「ぼたもち」は同じものです。

材料も作り方も同じなのです。つぶあんだのこしあんだのも関係ないんです。

 

ではなぜ呼び方が違うのか。

日本の文化というか、季節を大事にしてきた経緯といいますか、食べる時期によって呼び方が違うのです。

「おはぎ」は「お萩」とも書きます。

「萩」は秋を代表する言葉ですよね。季語でもあります。

 

「ぼたもち」は「牡丹」からきています。

「牡丹」は初夏の季語です。花が咲くのは春なんです。

 

なので、春の彼岸ころに食べるものを「ぼたもち」、秋の彼岸ころに食べるものを「おはぎ」と呼んでいたのです。

夏と冬にも呼び名が変わるようで、夏は「夜船」冬は「北窓」と言うようです。

日本人の感性って繊細だな~と感じませんか。

 

ただの「あんころもち」一つに呼び名が四つですよ。

先人の感性に尊敬の念しか出てきません。

色気より食い気が旺盛なので、そろそろ次へ進みますね。

 

「おはぎ」の気になるカロリー

おはぎの材料はもち米と小豆、砂糖です。

材料だけを見てもカロリー高そうだなぁ~という雰囲気がプンプンしていますよね。

はい、その推理は正解です。

 

1個当たりのカロリーは約180キロカロリー100gあたりが268キロカロリーだそうです。

100gはMサイズの卵が2個です。ちょっと大きめのおはぎなら余裕で250キロカロリーはオーバーしてますね。

現代社会を生きる私たちにとって、おやつで食べて良いものでは無さそうです。

おはぎが食べたいなら昼食は無しで!くらいで無いとカロリーオーバー決定ですね。

 

さらに追い打ちをかけますと、もち米も小豆も砂糖も糖質が多いので(砂糖は糖分そのもの)ダイエッターや糖尿病の方などは要注意です。

血糖値が急上昇する食べ物の代表です。

こんな事を書いていると、たかが「おはぎ」されど「おはぎ」という気分になってきます。

食べたくなってきました・・・

 

「おはぎ」を作ってみよう!!

「おはぎ」は作るの大変そうなイメージがありますが、イメージ先行しているだけです。

作ってみると結構簡単ですよ。

しかも、手作りならカロリーを抑えた「おはぎ」も出来ちゃいます。

 

「おはぎ」のイメージってあんこでくるんである黒っぽい感じですか?

それとも、きな粉がまぶしてある黄色っぽい感じですか?

大多数は黒っぽいあんこがたっぷりなイメージを持つ方が圧倒的な感じがしますが、外側がきな粉にした方がカロリーを抑えられます。

 

作り方とポイント

  1. もち米を研いで炊飯器にセットし、砂糖を加え普通に炊く。
  2. 炊きあがったもち米を木べらなどで好みにつぶす。
  3. 水で濡らした手に適量のもち米を取り、中央を窪ませてあんこを包む。
  4. 形を整えて、きな粉をまぶす。

 

ポイント

もち米は研いですぐに炊くのです。水の吸水率が普通のお米よりも早いので、研いでいるそばから吸水しています。

水に浸しておかなくて大丈夫なんです。

そして、炊くときに少し砂糖を入れます。もち米2合に対して砂糖が小さじ2杯くらいです。

砂糖を少し入れて炊くことで、冷めても固くなりにくくなります。

 

炊きあがったもち米のつぶし加減はお好みで。

「半殺し」でも「皆殺し」でもOKですが、「半殺し」の方が楽です。

炊きあがってすぐだとつぶすのが楽です。冷めないうちにドカドカやってください。

 

あんこは中に包む方が量が少なくて済みます。

もち米の外側をあんこで包もうとすると、かなりの量のあんこが必要です。

中に入れると少量でも満足できます。

かなりカロリーは抑えられると思います。

 

 

まとめ

手作りの「おはぎ」を食べてしまうと、市販のものは食べられなくなってきます。

甘さも加減できますし、ほんのり温かい「おはぎ」は格別です。

お子さんも一緒に作るのも楽しいですよ。

 

さて、わたしも恒例の「おはぎ」を作って甘党の待ち人のもとへ届けに行きます。

美味しそうな顔を見られるのも手作りならではですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください