お悩みコーナー

赤ちゃんの乳児湿疹のケアのしかた~お薬よりも効果てき面~

産まれたばかりの赤ちゃんのお肌はスベスベ、ふわふわ。

生後1ヶ月前後くらいから多くの新米ママが悩まされるのが『乳児湿疹』と言われるものですよね。

最初は2~3個くらいの赤くて白いような小さなブツブツが突然現れます。

「あれ~?これ、なんだろう?」

 

そう思っている間にもドンドン増えていきます。

1ヶ月検診の頃には結構ひどいことになっている場合が多いです。

多くのママは検診の時に「どうしたらいいですか?」と先生に聞いて、お薬をもらう方がほとんどではないでしょうか。

 

乳児湿疹の出来るわけ

乳児湿疹はかわいいほっぺに出来ているだけの場合と、ひどい時には顔じゅうに広がってしまっている場合があります。

見ているだけで可愛そうだし、何とかしてあげたいですよね。

 

赤ちゃんに出来る乳児湿疹は皮脂の過剰な分泌によって起こります。

ママのお腹の中では羊水という水分の中で守られていましたが、産まれて来たその瞬間から外気に触れていきますよね。

羊水という水分の中に比べるとお腹の外の世界は空気しかありません。

もちろん湿度もありますので、カラッカラというわけではありませんが、赤ちゃんにとっては刺激がいっぱい。

 

皮膚を守るために分泌される油分が多すぎて乳児湿疹が出来てしまうのです。

赤ちゃんのお肌はまだまだ外の世界に適応仕切れていないのです。

 

適切なケアってなぁに

毎日沐浴させたり、お風呂に入れたりして、清潔にしているのに、どうして出来るのだろう。

ブツブツがいっぱいの顔は見ているだけで可愛そうですよね。

一日も早く治してあげたい。

そう思うのは当たり前です。

 

だけど、どうしてあげたら良いのか分からないのも現実ですよね。

多くのママは病院でお薬をもらったりしますね。

だけど、お薬を塗っても一向に良くならない・・・

 

それはケアの方法を間違っているからなんですよ~。

赤ちゃん自身が油分を分泌しているのに、その上からさらにお薬を塗って治るはずが無いんです。

 

んじゃ、どうしたら治るの!!

 

答えは・・・

 

 

 

 

石けんで洗ってあげればいいんです。

 

 

 

そんな事で治るの??

 

治ります!!!

1週間頑張って見て下さい。

ツルツル、すべすべのお肌を取り戻せますよ。

 

実践、石けんで顔を洗う

赤ちゃんの顔を石けんで洗うって?

どうやって洗うの??

 

決まった洗い方なんて無いんです。

大人と同じ手順の赤ちゃんバージョンなだけです。

① 顔を濡らす

② 石けんをのせてクルクル洗う

③ すすぐ

ね?同じでしょう?

 

でも、怖いですか?

怖いですよね~。赤ちゃんの顔に石けんなんて・・・

 

場所はどこでもOKです。

わたしはお湯が使い安いのと、高さが丁度良い、照明が明るいという理由でキッチンで洗っていました。

 

赤ちゃんを小脇に抱えるようにすると安定します。

普段はお野菜を置く場所に赤ちゃんを寝かせてもいいですね。

 

洗面器にお湯を張って、リビングで座って洗うことも出来ます。

誰かに抱っこしてもらって洗うのでもいいですね。

決まりなんてないし、洗うのはここ!なんていう固定概念もないんです。

 

洗顔料も何でもOKです。

固形の石けん、ハンドソープ、ボディソープなんでも大丈夫です。

個人的には少量づつ出てくるハンドソープ(ポンプタイプ)が使い安くて好きです。

ここも赤ちゃん用にこだわる必要ゼロです。

 

おしゃれな病院では可愛らしいベビーソープを使っていたりしますが、根拠は無いです。

薬用石けんで髪から、身体、顔を洗っても何にも起こりません。

 

逆に赤ちゃん用とうたっている液体のベビーソープは使いにくくて嫌われていました。

なんだかヌルヌルする。キチンとすすげていない感じがする。

スタッフの評判は悪かったですね。

 

要は、乳児湿疹が出来ている所に石けん類を塗り塗りして、ガーゼハンカチで何度かすすぎながら、きれいにぬぐってあげればそれでいいんです。

 

ひどくなければ1日に1回でいいです。

ブツブツがひどい時は1日に2回すれば上出来です。

 

 

効果のほどは?

薬を使わなくても、みるみるキレイになっていきます。

それこそ2日目には実感出来るほどですよ~。

乳児湿疹の無いスベスベ、ツルツルなお肌を取り戻してあげてくださいね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください