離婚

離婚したい!ちょっと待って。少し冷静になって考えてみませんか

古今東西、離婚したい皆さんごきげんよう。

「離婚」したいですか?私はしたいです!!

まだ離婚届けは出せていませんが、出来る事ならしてしまいたい・・・

 

私が離婚に迷う理由

 

1.子供がお父さんのことが大好き

2.自分の健康に不安がある

3.仕事柄、残業が急に発生するので子供をみる人が必要

4.私の代わりに子供をみる人が夫しかいない

 

これらが私の決心を鈍らせている、にっくき理由達です。

1番以外はすべて私の事情です。経済的理由は含まれていません。

なぜなら、わたくしmomokoさんは看護師だから、です。

看護師は言わずと知れた高収入の部類に含まれます。

医師や弁護士には到底かないませんが、子供を2人や3人は養っていけるだけの収入があります。

もちろんひとり親の手当てはいただけません。それだけ年収があるということです。

 

離婚を待ってという理由

 

離婚したいあなた、収入面は大丈夫ですか?

何とか食べていけるだけの財源は確保していますか。

養育費などを当てにしてはいけません。養育費をもらっているのは離婚した夫婦の2割に留まっています。

「養育費なんていらない!」そう言って離婚したり、元旦那が行方不明になったり、なし崩し的にもらう約束をしてなかった。

など、理由は様々ですが、もらえる人なんて極わずかしかいないのが現状です。

 

児童手当や母子給付金などもありますが、生活が成り立つほどもらえる訳ではありません。

また、扶養している子供が20歳になるまで、など制限もあります。

蓄えがしっかりあるならしばらくは大丈夫でしょう。

それでもいつかは底をつきますよね。収入が無いと悲惨の一言に尽きます。

 

4年制の大学を卒業したばかりの人でさえ、就職に困る時代です。

中途採用はかなり厳しいと覚悟する必要があるでしょうね。

「こんな生活もうイヤ!!」

離婚するのはいつでも出来ます。

子供を連れて家を飛び出したあと、どこで暮らしますか?どうやって食べていくのですか?

このふたつの大きな問題が解決できるのであれば離婚しても良いかもしれません。

 

子供の本音と言えない思い

 

離婚すれば必ず子供は理由を聞かれたりします。

嫌な思いをするのは一度や二度では無いでしょう。

そんな時に子供の心のケアが出来ますか?

生活費を稼ぐのでいっぱいいっぱいの状態ではそんな余裕は無いと思います。

 

子供も親の状況を見て理解しています。

欲しい物があっても言えないでしょうし、進学したい気持ちも封じ込めるかもしれません。

それでもいいですか。

子供の将来にも大きく影響すると分かっていても離婚したいですか。

 

借金取りに追われているとか、暴力被害にあっているなら迷っている場合では無いでしょう。

それ以外の理由なら、もう少し耐えてみませんか。

せめて半年は食べていけるだけの貯金をする。

就職のための下調べや資格を取るなど出来ることはあるはずです。

 

離婚した後の生活を考える

 

今の生活よりも質を落とした暮らしになると想定して、1ヶ月いくらあれば生活できるか計算してみて下さい。

光熱費、水道代、食費、子供の学費、家賃・・・

義務教育の間はある程度免除されるでしょうが、すべて無料にはなりません。

最低限の交際費も必要です。

子ども手当もいつまで支給されるか保証はありません。

住んでいる地域にもよって家賃や食費など大きな差があるでしょう。

 

稼いでくる自信がありますか。

フルタイムかそれ以上の掛け持ちをしてやっとの生活です。

仕事をしていても家の事もしないといけませんね。

この段階で揺れているなら、もう少し待ってみませんか。

離婚に向けて準備を始めてもいいです。

貯金は大事です。仕事も大事です。子供はもっと大事です。

子供が大きくなるまで、夫はATMだと思えませんか。

 

私の場合

 

今すぐの離婚はわたしはしないつもりでいます。

経済的に不安がなくても、です。

子供がまだ父親として夫に求めているものがあるあいだは。

わたしがこうして我慢しているうちに早世してくれてもいいんです。

出来ればその方が有り難いですけども。

 

だから、夜中にラーメン食べてても何も言いません。

こっそりお酒を飲んでいるのも知っていますが、黙っています。

きちんと睡眠時間を取っていないことも知っていますが何も教えてあげません。

わざわざ寿命を縮めることをしてくれているのに、注意するなんて勿体ない。

今日まで我慢したんです。もうすぐかも知れないじゃないですか。

 

子供は子供なりに見ています。ちゃんと感じています。

お母さんが我慢していることを。

子供が「もう、いいよ。お母さん」

そう、言ってくれるのを待っているのかもしれないです。

 

まとめる

離婚を決断した方々、心から尊敬します。

わたしにはまだ、その勇気が足りないようです。

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください