家庭の医学

熱中症になった時、なりかけている時にする事、出来る事

熱中症って怖いです。

自分で分からないうちに熱中症になっています。

予防と対処法を正しく知っていますか?

軽く1回聞いているだけでも違ってきます。

 

救急車レベル

倒れた

意識が無い

ぐったり感が半端じゃ無い

異常に身体が熱い

 

上記の様な場合にはためらわずに救急車を呼びましょう!!

こういう時のために救急車が存在しています。

 

・救急車が来るまでに出来る事

  • 日陰に移動する
  • 冷たいもの(自販機の飲み物)で首、両脇、両足の付け根を冷やす
  • 衣服を緩める
  • 上半身に水をかける
  • 飲めるならスポーツドリンクを飲ませる

保冷剤があればそれで冷やしましょう。

無ければなんでもいいです。冷たいもので冷やしましょう。

着ている服の上からでいいので、水をぶっかけましょう。

少しでも早く身体の熱を取るためです。

ウチワでも下敷きでもあおげるもので風を送りましょう。

短いズボンの場合は足にもかけちゃいましょう。

これらの応急処置をするか、しないかで命に関わる事があります。

 

・頭が痛いレベル

頭が痛いのは、熱中症の一歩手前です。

すぐに空調の効いた涼しい部屋へ移動しましょう。

元気な人が寒いと感じるくらいに温度を下げましょう。

ゆっくりでいいのでスポーツドリンクを飲みましょう。

しばらくトイレに行っていないはずです。

頭が痛くなくなるか、トイレが近くなるまで水分を取り続けてください。

最低でも1Lは飲みましょう。もっと飲めるなら飲んでしまいましょう。

頭、首、両脇をあれば保冷剤で冷やしましょう。

無ければ冷蔵庫で冷えているもので代用しましょう。

動ける人がいるなら近くのお店へ行って保冷剤を分けてもらいましょう。

ケーキ屋さんが最高です。凍った保冷剤を持っています。

事情を話せば分けてくれるはず。有料で分けて欲しいといえばくれないお店は無いでしょう。

熱中症の一歩手前までの状態になっていたのですから、この日は無理をせずにゆっくり休んでくださいね。

 

・子供の場合(乳児)

乳児の場合は何も言ってくれないので、気づくのが遅くなりがちです。

暑い日に長時間の外出は控えた方がいいですね。

こまめに水分を取らせる。

ベビーカーの下に熱を反射させるシートを取り付けておくなど、できる限りの事はしておきましょう。

おかしいと思ったら病院へ直行しましょう。

事前に連絡をしておくと早めに対応してもらえます。

大人よりも重症になるのが早いので早め早めの対応が必要です。

 

・子供の場合(幼児以上)

幼児以上の場合は大人と同じ対応をして下さい。

小さいお子さんは飲みたくないと飲みません。

欲しがる前に飲ませましょう。

水分はイヤがっても、シャーベットなどは喜んで食べてくれる事があります。

シャーベットでも溶ければ水分です。

食べれるだけあげましょう。

10分ごとでも、一口づつでもいいです。

とにかく水分を取らせましょう。

 

・子供の場合(小学生以上)

小学生以上の子供となれば、話せば理解できます。

のどが渇いたと言って来る前には水分を取る習慣をつけておきましょう。

学校に持って行くお茶の中にほんの少し、塩を入れてもいいですね。

ほんのひとつまみの塩が熱中症を予防してくれます。

暑い時期は持たせたお茶はすべて飲むように言い聞かせています。

「点滴されたくなかったら飲みなさい」

そう、言ってあります。

我が家の常識です。

水分はしっかり摂る。家訓にしようかな。

 

それと我が家には粉末のスポーツドリンクの素が常備されています。

コンビニが24時間営業していても買いに行けない事もあるし、

慌てなくて済むからです。

 

熱中症に限らず、発熱した時にもしっかり水分を取りましょう。

脱水になると治るものも治りません。

体調が悪い時にはスポーツドリンクを欲しがります。

赤ちゃんの頃からの習慣です。

 

水分は大事ですよ~

しっかり摂りましょうね~

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください