子育て

読書感想文の書き方。小学1年生から高学年まで使える必殺技を公開

夏休みなどの定番、読書感想文。

この宿題って、高学年ならば自分でなんとかするでしょうけど、低学年には難易度が高すぎる。

 

長男坊が小学1年生の時に学校から持って帰って来た、読書感想文用の本はなんと『絵本』

でした・・・

ちなみに次男坊は『恐竜図鑑』です。

 

どうやって感想文を書いたらいいんでしょうか。

『絵本』や『図鑑』で感想文を書けと??

ちょっと学校側を恨みたくなりません?

読書感想文用に借りているのに、「これでいいの?」みたいなチェックをして欲しい。

 

小学1年生の息子に「こんな本で書けるわけがないでしょ!!」なんて言えないじゃないですか・・・

本人も読書感想文がどんな事を書くのか、知らないんですもんねぇ。

 

やってやろうじゃないか!!

もう、無謀としか言えない題材でしたが、闘志がメラメラと燃えてきました。

『絵本』で読書感想文を書かせてみせようじゃないですか!

 

そうは言っても原稿用紙2枚分、ですよ・・・

ペラペラの絵本からどうやって原稿用紙2枚分にするか。

考えました。え~え~そりゃもう、必至になって考えましたよ。

 

実践、絵本で読書感想文を書く

では、実際にどうやって原稿用紙2枚になるように誘導したのか。

①どうして、この絵本を選んだのか。

②この絵本はどんなお話なのか。

③どこが一番気にいったのか。

④気にいった理由。

⑤仲良しのお友達にも読んでもらうために、この絵本の面白い所を紹介する。

 

これらを別のノートに書き出しました。

それぞれの質問に詳しく答えるように言いました。

 

③と④を何回か繰り返すと、もっと本格的な長文の読書感想文になります。

高学年になっても使える手法です。

低学年のうちは、自分の口から出た言葉をそのまま文章にするのは難しい作業です。

ここでボイスレコーダーの登場です。

 

とか、言ってますが、ボイスレコーダーなんてありません。

スマホの録音機能を使いました。

①から順に質問します。

読んだ事が無い、お母さんにも分かるように教えてちょうだい。

 

インタビュー形式は子供も楽しく答える事が出来ます。

こちらが丁寧な言葉で質問すると、です、ます調で答えるんです。

 

ももこ
ももこ
どうしてこの絵本を選んだのですか?

長男
長男
好きだからです。

ももこ
ももこ
どうして好きなのですか?

長男
長男
テレビで見ているからです。

これをひたすら繰り返して行きます。

言葉が少ないなぁと思ったら、もう少し具体的な質問に変えてみます。

 

原稿用紙に書き込んでいく

①から順に質問を付け加えた形で文字に起こしていきます。

冒頭部分なら、 ”どうしてこの絵本を読もうと思ったのかは、テレビで見ていて好きだったからです。” のようになります。

質問もうまく文章に加えていくと、自然な文章になります。

①~⑤までを書き終えると、余裕で原稿用紙2枚分にはなっていました。

低学年の頃はこのインタビュー形式で書いていましたが、3年生からは止めました。

大きな流れ事態は変わらないので、質問だけをノートに書いておいたものを見ながら自分で書いています。

 

まとめ

読書感想文も作文も大きな流れさえ分かれば、小学生でも書くことが出来ます。

今でも作文系の宿題はお母さんとするんだとか、甘えた事を言っていますが、近くにいるだけでなんとか書けています。

最後のまとめは、一番伝えたい事を書くと、うまくまとまります。

図書館に借り直しに行くという発想がわたしにあれば、こんな事はしていなかったでしょうね。

結果オーライなので、良しとします。

 

ボイスレコーダーを使わなくても、質問に答えていく方法で結構書けるものです。

上で紹介した①~⑤は、絵本だけで無く図鑑でも書けました。

物語なら楽勝ですよね、きっと。

試してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください