サイト関係

Amazonアソシエイトプログラムの審査に通過出来ない原因はこれかも?

Amazonアソシエイトプログラムは審査の厳しさで有名ですね。

なんでも、googleアドセンス審査よりも厳しいのだとか。

そんなAmazonアソシエイトプログラムに申請してみた実体験を書いてみようかと思います。

Amazonアソシエイト非承認になる場合

特別アフィリエイトがしたい訳では無いけれど、具体的な商品を紹介したくても著作権の問題で画像が使えないと情報提供の観点からどうなのよ?という問題が出てきました。

言葉だけで説明するよりも、具体的な写真があった方が絶対に分かりやすい。

だけど、具体的な写真は商標登録されている立派な著作権があるから、勝手に使うとヤバいんじゃないか?

 

切羽詰まった理由でAmazonアソシエイトに申し込んでみました。

1回目は見事に撃沈しました。

2回目の審査で無事通過することが出来ました!!

一応、Amazonさんの参加申請をお断りするサイト例を載せておきます。

ちまたの噂

アマゾンアソシエイトに申請する時にしてはいけないと言われている事。

・フリーメールはダメ

・情報商材などを売っていてはいけない

・他社の広告はすべて外す

・日本語ドメインのサイト

などがありますね。かなり端折りました、ゴメンナサイ。

審査に通過しなかった理由を具体的に教えてはくれないので、一体どの項目に引っかかってしまったのか、はっきりしません。

 

申請したときの状況

実際に申請したときの私の状況です。

・日本語のドメインだった

・googleアドセンス広告、楽天などを貼っていた

・情報商材は無い

・記事は40記事くらい。1記事辺りは1500~2000文字

・アマゾンで買い物歴がある

・アダルト的な記事は無い

・googleアドセンス申請の条件はそのままだった

このような状況下での申請でした。

1回目は予想通り、審査に通過しませんでした。

やはり、アマゾンは噂通り厳しいのかなぁ・・・

googleアドセンスは外さなきゃいけないのかな、でも面倒くさい。

そんなこんなで、いろいろと対策を練るべく、情報収集していました。

 

うっかりミス発見

アマゾンで買い物をしたのは、もう4年以上も前の話です。

でも、買い物をしたことがあるのは確かなことです。

念のためにアマゾンの購入歴を確認してみました。

 

すると、な、なんと買い物歴が無い・・・

そういえば、プロバイダーを変えていたんです。

当然、メールアドレスも変わっています。

 

ちょっと呆れながらも、現在使用中のアドレスで買い物をしてみました。

支払いは当然ですがクレジットカード払いにしました。

アマゾンから商品の発送を知らせるメールがきました。

もう、買ったのと同じでは無いのか?

再度、Amazonアソシエイトに再申請してみました。

 

結果はどうだったか

再申請から2時間ほどでプログラムの参加承認メールが来ました!

日本語ドメインでも関係ありませんでした。

(申請時はアルファベットで入力しました)

他社の広告も関係ありませんでした。

一番の重要事項はアマゾンでの買い物歴があるかどうか。では無いだろうか。

自分が買ったことも無いのに、売る気があるのか?ということでは無いでしょうか。

 

 

まとめ

Amazonアソシエイトプログラムに申請する前にはアマゾンで買い物をしておきましょう。

これが一番身元を証明するのに確かなことなのかもしれないです。

よほど広告を貼っていない限り、申請許可はおりると感じました。

 

googleアドセンスがあるというのも、信用性が上がるようにも思います。

だって、googleさんがOK出したサイトなんですから、最低ラインは越えているんです。

まずは実績を残すのが最短かもですよ~

もちろん、サイトの紹介ではAmazonの商品をたくさん紹介します的なリップサービスもお忘れなく (^▽^)

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください