サイト関係

Googleアドセンスに合格する方法~やれば出来る!!~

サイトを立ち上げた当初、なんの縛りも無く、書きたい事をジャンルとかテーマとかを気にせずに自由に書いてみたい!!

文字数、公開頻度、キーワード、SEO・・・

そんな基本的な事でさえも無視してしまえ!!

自分のサイトなんだから、最低限の約束だけにしよう!と意気込んでおりました。

 

私の約束

・誹謗、中傷する記事は書かない。

・ディスらない。

・商品を買ってもらうためだけの記事は書かない。

・嘘や、でまかせは書かない。

このくらいの事しか決めませんでした。

しばらく、書きたい事を自由に書いていると、それなりに記事数が増えて来ます。

書きたくても、書く場所が無かった思いを書くのですから、ドンドン記事数は増える。

「収益なんて気にしないで書いていこう。」

そうは言っても、読んでくれる人がいるのか、正直心配でもありました。

 

色々な情報を調べられるツール

調べるツールの代表として「アナリティクス」をまず、導入しました。

導入したから何が分かるのか?

初めは真っ白です。当然なんですけどね。

詳しくはまた、別に書いて行きます。

 

次に導入したのが「サーチコンソール」

未だによく分かっておりません。

 

Googleアドセンス

収益を気にせずに書いていたんですよ。

気づけば40記事以上になっていました。

Googleアドセンスの存在は知っていました。有名ですものね。

ちょっと調べてみれば、申請が難しいので有名だとか・・・

 

私のサイトは ”雑記サイト” のくくりになります。

何かひとつに特化して記事を書いていないのです。

書きたい事を書くものだから、カテゴリーは増える一方。

もちろん、コピー記事は書きませんので、完全オリジナル記事ばかり。

さらに、外注に出して記事を書いてもらうなんて事もしませんから、維持費は知れたもの。

 

あるとき、Googleアドセンスの話題になり、ちょっと気になり始めました。

そんなに厳しい審査ってどんな感じなんだろう?

未知の世界に興味津々になってしまいました・・・

審査基準を調べてみると、わんさか情報が出て来ます。

 

でも、オリジナル記事しか無いし、いけるんじゃないのか?

無謀にも程があります。はい。

で、いきなり申請してみました。

 

第1回目の申請結果

Googleアドセンスの申請方法については、たくさんの方達が画像付きで分かりやすく紹介しておられるので、ここは割愛します(単に面倒なだけかも・・・)

40記事超えたしね~♪ 落ちたらそれでもいいも~ん。

そんなノリでした。

 

コンテンツが不足しているか、×××のため~。

 

審査基準を満たしていないか・・・・

撃沈・・・

自分が想像している以上にショックでした・・・

これをどう例えたらいいのだろうか。

そう、これはまるで両想いとしか思えなかった相手に告白してフラれた時のよう。

申請前は ”落ちても構わない、チャレンジしてみただけ” という気持ちだったにも関わらず、ですよ。

キィ~~ッ 😈 一体どこがいけないって言うんですか!!googleさん!

 

サイトを冷静に分析してみた

コンテンツの不足ってなんだ??

記事数は40を超えているし、1記事あたりの文字数も少なくて2000文字

ここは基準をクリアしているハズです。

 

もしかして、カテゴリーの数が多いとか?

雑記ブログのため、カテゴリーが多かったのです。

カテゴリーを大幅に減らし、無理やりに記事を振りわけしました。

 

・サイトマップ

・運営者情報

・お問い合わせ

・プライバシーポリシー

これらを整えていなかったので、標準装備させました。

 

そして、二度目のトライ!!!

 

第2回目の申請結果

コンテンツが不足しているか、・・・・・

 

また、出たよ。

もう、泣きたい。( ;∀;)

どうして?どうして?何が足りないのか、教えて欲しい。

 

何度も何度も申請の画面を見ては、何がいけないのか、足りないものがあるのか、

必死で考えました。

2~3日眺めていて、? やっとアンテナが動いたんです。

 

申請したサイトのURLのスペルが間違っている。

 

申請して通るハズが無い!

 

三度目の正直

申請画面が出ない(申請中です。の表示が出る)ので、ヘルプにURLを間違えていたことを送りました。

約7時間後・・・

 

あ~キミにどれだけ会いたかったことか。

こんなに輝くポップコーンをあたしゃ知らないよ~。

URL間違えるって、すっごく間抜け。こういうのって再申請って言うんでしょうか。

 

ちまたの噂

googleアドセンスに通るための明確な基準があれば、いいですよね。

でも、googleサイドが教えてくれません。

 

ちょっと調べてみればこれでもか!と出てきますよね。アドセンス情報。

それだけ関心が高い証拠なのでしょう。

塾のようなものもあるんですね、知りませんでした。

 

いろいろ読んでみた、わたしの感想ですが、『血液型占いみたいだな』です。

当たっていることもあるんだろうけど、違っていることも多いんじゃないの~?

だって、雑記ブログは無理って書いてあったよー。

 

個人の意見

googleさんの気持ちになって考えてみよう。

・多くの人の目に触れるような記事であったり、サイトであって欲しい。

・多くの商品や情報を見てもらいたい。

・怪しい運営者は困る。

・同じ記事はいらない。

・サイトが定期的に更新されているのか。

サイトの内容は雑記であっても構わないというのは、自身で証明しました。

現実、サイトマップを見ていただいても分かりますが、思いっきり雑記です、我がサイト。

逆に雑記であれば、より多くの商品を紹介することができます。

 

運営者が怪しく無いか?

これはgoogleアカウントを取ることで解決できますよね。

 

サイトが定期的に更新されているか?

記事の更新が行われないサイトに広告を出したくないですよね。

 

私的な意見ですが、クロールの影響は大きいのでは無いのか。

そう感じました。

申請をする前から、アナリティリクスやサーチコンソールに登録して積極的にクロールに来てもらうのは効果的だったのではないか?

ほかにもありますね、googleさんが提供しているサービスって。

 

サイトとして認識してもらうのが早ければ、アドセンス申請は通過すると思われます。

運営期間2カ月でアドセンス申請に通過しました。

記事数が15前後のころには、サイト名をググればトップ表示されていました。

 

記事がトップでは無いです、もちろん。

サイト名でググって表示されている。このことが結構重要なのではないでしょうかね。

 

まるでアイドルのコンサートに行って、「こっちを見て~!!」って必死でアピールしていたら、たまたま目が合ってキャ~♡ ってなるのに似ていませんか。

 

まとめ

・googleアドセンスの通過基準は明確ではない。

・雑記サイトでも問題ない。

・運営期間は2カ月でも大丈夫。

・1記事あたりの文字数は多いほうがたくさん広告が貼れるから有利。

・申請前からできることはある。

・モバイルファーストは間違い無い

・表示速度が遅いのは問題外

以上を実体験として経験しました。

通過を待ちわびている方のアドセンス申請のヒントになればうれしいです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください