生活の知恵

オススメ炊飯器~私の一押しガス炊飯器~マニアックかも・・・

炊飯器のイメージって、やっぱり電機炊飯器ですよね☆彡

数年前に愛用の電機炊飯器の内釜が傷んできました。

そろそろ買い換えた方がいいかなぁ・・・

 

電気屋さんに見に行きました。

美味しく炊けますという上位機種はどれも

10万円以上もするんですね (゚◇゚)

 

買い物をする時に悩むと言う事をあまり

しないのですが、この時ばかりは一回帰りました( ̄∇ ̄)

電気製品ってやっぱり高いな~

10万かぁ~ (×_×)

 

そうしたらテレビCMで

「直火炊きのような美味しさ♡」

なんてやってるじゃないですか!

のような・・・?

 

直火炊きでは無いということですよね。

電気炊飯器なんだから当たり前

お米は直火の方が美味しいということかい??

そういえば、著名な方も土鍋でご飯を

炊いているというのを聞いたことがあるな。

 

ちょうどライダーショーに行った時に

ガスメーカーも来ていて、ガスコンロで

炊ける鍋(縦型の土鍋)の実演販売をしていました。

 

そこでチャーンスとばかりに聞いてみました。

「やっぱりガスの方が美味しいですよね~?」

「奥さん!当たり前ですよ!!

 ご飯は直火が一番美味しいんです!!」

その後そのお鍋について語っていらっしゃいましたが

「へ~」とか「ほ~」とか言いながら聞いていませんでした。

ゴメンね、お兄さん。

 

近所のガスショップで恒例のガス祭りなるものを

開催していたので、これまた行ってみました。

一応お値段を知る目的もあったのですが、

本当の目的は試食のご飯をGETすること。

 

おばちゃんは厚かましいので(笑)

ふたつ頂きました。

ひとつはポケットに忍ばせておいて、

もう一つは温かいうちに食べてみました。

 

お米の品種までは分かりませんが

確かに美味しいんです。

一粒一粒がしっかりしている。

お米のおいしさがよく分かる。

 

家に帰り、冷めたご飯も頂きました。

こちらも美味しい。

ガスで炊くと、冷めても美味しいとは

聞いていましたが、納得しました。

 

ガスショップの上位機種は6万円くらいでした。

パロマかリンナイか・・・2択しか無いんですね。

ネット通販で調べてみると、おや?

同じ機種が2万円以下です!!

 

色々調べましたが、メーカーによる差は無いようでした。

あるとすれば、保温ができる、できない

タイマーがついている、ついていない

これだけです。

 

めちゃくちゃシンプルです。

あとは見た目くらいなものです。

今の炊飯器はパッと見ただけでは

ガス炊飯器だと分かりません。

分かりやすい様に画像を載せました。

プロパンガス用と都市ガス用の両方があります。

5.5合炊きから一升炊きまでサイズ展開してます。

 

我が家は夕食が終われば炊飯器に残った

ご飯は容器に移します。

なので、保温機能はあってもいいけど

無くてもOK (*^^)v

 

タイマーはお弁当を作ったりするので

絶対に欲しい機能です。

すると、ほぼ選ぶ余地はありません。

結局1万6千円くらいでした。

 

炊飯器が届いて炊いてみます。

わずか20分で炊きあがりました!

そりゃ早炊き機能が無いはずだわ。

 

では、いただきまーす♪

お?固めですな

激安価格のお米とは思えないおいしさ♡

ここまでは大満足です。

 

やはり、残念なとこもありました。

1.お米を変えても気づかない

2.おにぎりにしたら、すぐにのりを巻かないとくっつかなくなる

3.よそのご飯をまずいと感じる

以上です。

 

1番は結構哀しいです。

さすがに新米は分かるだろうと思うでしょ?

分からないんだなぁ

 

2番は子供のお弁当を作っていて分かりました。

お皿に並べたおにぎりにのりを巻こうとしても

ペローンと剥がれてきちゃいます。

握ったらすぐに巻かないとダメでした。

 

3番もなかなかシビアです。

外食した時なんかに子供が大きな声で

「ここのご飯、おいしくないね。

ね!おかあさん!!」

大きな声で言わないで~

 

オール電化なんて絶対にしないぞ~

ガス炊飯器バンザイ \(^O^)/

 

POSTED COMMENT

  1. Gilberto より:

    I conceіve this webѕite contains some really wonderful info ffor everyone :D.
    “Anybody who watches three games of football in a row should be declared brain dead.” by
    Erma Bombecк.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください