離婚

リアル離婚経験者の実際(離婚から2ヶ月)~断捨離は夫からを実感した~

離婚をすると決め、行動に移していく作業は心弾む作業ではありません。

様々な手続きを乗り越えた後、どのようになっていくのかを伝えたいと思います。

これを知っているのと、知らないのとでは気持ちの持ちようが変わるかも知れません。

 

離婚すべきか悩んでいる方、すでに離婚の手続きは終わっているけど・・・という方は読んでみて下さい。

 

離婚前

離婚を決断し、離婚の手続きをしている期間は心身のストレスは半端無かったです。

具体的には食欲は無くなるし、抜け毛もすごかったです。

食事をまともに摂れなかったこともありますが、このままヒヨドリになるのでは無いのか?と不安に思うくらいには髪が大量に抜けていました。

 

やっておかねばならない事は山積み状態。

けれどももうすでに離婚をするのだと決めており、何の迷いも無く、目の前にあるしなければならない事をリストアップし、ひとつづつ着々と進めていました。

その作業自体は、離婚日を決めていたためもあって、逆計算で作業を猛スピードでかたづけていきました。

ただ、やっと離婚にこぎつけられるという喜びでウキウキする気持ちが大きかったです。

元旦那の置いていた荷物が無くなったら、そこに何を置こうか?と考えるだけで自然とウキウキする自分もいました。

 

離婚当日(離婚届け提出日)

離婚当日は役所に行く前に公正役場に夫婦2人で出向き、公正証書を取り交わしました。

その後、役所に行き、離婚届けを提出したのですが、役所の方も慣れている(笑)ので、無駄な作業も無く、スムーズに離婚届けは受理してもらえました。

 

離婚届けを受理された後、子供の戸籍を自分の戸籍に移動させたかったので、離婚したという戸籍をもらうのに1時間以上待ちました。

役所で待っているのも退屈なので、役所の外を散歩しつつブラブラしながら時間つぶしをしておりました。

ちょうど秋晴れの清々しささえ感じる天候だったので、コンビニで買ったサンドイッチとコーヒーを海が見える公園のテラスでぼんやり秋晴れの空を眺めながら食べていました。

その時の心境はというと、「あ~、以外とスッキリした気持ちになるものだなぁ~。」とか、「空がこんなにキレイだと思って見上げたことなんてしばらく無かったなぁ~。」なんてセンチにひたるどころか、ただ、色々な事がこれで終われたという安心感がありました。

 

離婚後に起こったこと(家の中)

子ども達のフォローは今回は省略します。

『断捨離はまず夫から』という名言(?)の通りに、家の中から元夫の荷物が無くなった後は無性に家の中をスッキリさせたくなりました。

これまで片付けをしないとなぁ・・・と思いつつも、なかなかやる気スイッチが入らなくてダラダラと見ぬ振りをしていましたが、急にスイッチが入りました!(笑)

人生で最も捨てにくかった『夫』という存在を捨てる事が出来たのですから、家の中でごちゃごちゃしていた物達を処分するのに躊躇という言葉は欠片も無くなってしまったんですよね。

 

子供の服の衣替えに始まり、自分の服も(着ない服、存在を忘れていた服)ジャンジャン捨てました。

なんとなく取っておいた調味料も紙袋、ヘアアクセサリー、使わずに置いてあった洗剤類などなど、勿体ないなんて思わずに小気味よくガンガン捨てました。

何かのときにいるかも?と思っていた膝掛けや毛布、ありとあらゆる物も処分しました。

台所に眠っていた鍋やザル、兼用可能なボウルや調理グッズも日常的に必要なもの以外は最小限にしていきました。

まだまだ片付いていない、小物達もありますが、さらに捨てる予定です。

 

ドンドンと片付いていく部屋は広くて快適そのものです。

余分な物を減らしたおかけで物の管理が非常に楽になったし、必要最小限にしても全く不自由しないんです。

 

離婚後に起こった事(メンタル面)

結婚生活をしていた頃もそうでしたが、家族旅行の立案や準備、お金の管理、ほぼ全ての事において決めて行動に移すのは私でした。

もう一人、大人がいるのに何の役にも頼りにもならないことはイラ立ちましたし、ストレスでした。

いればいたで、多少なりとも相談相手が存在しているという意味では全くひとりで背負っているわけでは無かったかも知れません。

けれど、役に立たないし、家事を頼めば仕上がりに不満だらけだったのです。

 

いなくなったことで、子供の事、お金の管理、家事全般そのすべては自分が背負う事になったのですが、不備があったとしても自分のせいです。

体力的にキツいことは覚悟していたとはいえ、辛く思う事もあります。

しかし、イライラはまったく無くなりました。

手抜きも少しづつ覚えてきましたしね。

 

夕食の時には子ども達と色々話しながら和やかに食べる事が出来ます。

車を運転している時に歌を口ずさんでいるなんて、今は普通のことです。

気分が乗っている時には料理しながら鼻歌が出てきちゃうし、野菜いっぱいで美味しい食事を子供に食べさせたくて、料理のレパートリーが一気に増えました。

手の込んだ料理を作るのも苦ではありません。

離婚前はやる気ゼロだったので、料理がこんなに嫌いだったか?くらいには作っていませんでした。

 

この変わり様はなんだろう?と笑ってしまうくらいです。

子供達も「お母さんのご飯はいつも美味しい!お腹いっぱいになるまで食べても太らないし、快便でウンチも臭くない。ご飯が楽しみ~」なんて言ってくれます。

 

と、いうことでまとめ

離婚に踏み切るか、踏みとどまるか迷っているのは、離婚後の生活がハッキリとイメージ出来ないというのもあるでしょう。

私の場合が全ての人に当てはまるとは思えませんが、色々悩んで楽しく無い毎日を過ごすくらいなら、断捨離(夫)するのもいいですよ。

離婚して後悔する人が圧倒的に少数派だという事をリアルに納得している毎日です。

あんなに悩んでいた過去の自分に「早く決めちゃいなよ!」と発破をかけたいくらいです。

離婚にはデメリットもありますから、特別オススメしているわけではないですよ~。

 

タイミング的にもちょうどベストタイミングだったとも思いますし、性格にもよりますしね。

経済的な問題が解決出来る状況なら、耐える日々よりスッキリ爽快な毎日をオススメします。

顔を見るのもイヤ!!って我慢しながらの生活に見切りをつけて、本当に清々しい日々を手に入れました♡

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください