お金

誕生日のプレゼントはいくらくらいにするのがBESTか悩む~小学生の場合~

小学2年生の次男坊が以前から欲しがっているものがあります。

男の子としてはごく普通のゲームです。

このゲームを簡単に買ってしまっていいのだろうか?

多くの家庭ではどうしているのだろうか?

親としては相当悩みます・・・

 

誕生日プレゼントの相場ってあるのか

誕生日プレゼントって各家庭での位置づけが違いますよね。

欲しがっているなら買う、という家庭もあれば、値段によるという家庭もあります。

 

誕生日プレゼントの相場ってあるのだろうか?と調べてみると、ありました。

男の子の平均は7600円 女の子の平均6700円 だそうです。

これを妥当と感じるか、高いと感じるか。

私は判断がつきません。

 

小学生になるまでは欲しいおもちゃを買っていました。

しかし、小学生になってからは本当に欲しいものを買うようにしました。

欲しかったら何でも買ってもらえる、というのはおかしいのでは無いか。

疑問に感じるようになりました。

 

我が家には祖父母からのプレゼントというものがありません。

それでも、誕生日とクリスマスで年に2回もおもちゃがもらえる。

自分の子供時代を振り返ってみても、そんな恵まれた環境ではありませんでした。

 

子供の欲しいもの : リアル

小学2年の息子の欲しいゲームはソフトが約5000円、本体が2万円です。

合わせて2万5千円になります。

買えない金額ではありません。

 

小学2年生に2万5千円のプレゼントをぽんと買っていいのか。

1回あたりが大体5000円くらいと考えているので、5回分の計算になります。

サンタクロースが親だとバレていれば、2年間のプレゼントは無しという条件下で買うこともできますが、サンタクロースを信じている息子には使えません。

 

現在の状況

買ってあげたい親心と、お金の大切さを分かって欲しい親心が真っ向勝負しましたが、将来のことまで考えた結果、今年の誕生日プレゼントは無しということになりました。

これからも欲しいものは出てくるだろうし、金額が高いものも増えてくるでしょう。

欲しいと言えば買ってもらえる、プレゼントしてもらえるのが普通だと思って欲しく無い。

欲しいものが簡単に手に入る状況は、大人になったときに良い影響をもたらすとは到底思えないのです。

 

小学生の息子には思っていることを正直に話しました。

「ゲームソフトだけ買ってもゲームは出来ないよ。ゲームができる機械を買わないといけないんだよ。両方を買うとお誕生日プレゼントの5回分くらいになるんだよ。買ってあげられないっていうことは無いけれど、すぐにいいよ~買ってあげるねって言える金額じゃないの。キミが今回のプレゼントを我慢してサンタさんにもプレゼントをお願いしないを合わせて4回頑張れたら、一度に全部を買ってあげようと思う。どうかな?」

 

息子もすぐには返事ができませんでした。

とても欲しいという気持ちはよく分かっていましたので、どんな返事が返ってくるのか怖くもありました。

しばらく考え、すこし悲しそうな表情で聞いてきました。

「お金がいっぱいいるってこと?サンタさんにもお願いしちゃダメなの?

がんばったら、買ってくれる?」

「うん。約束するよ。がんばったら絶対に買ってあげるよ!」

「分かった。」

 

それから半年たった今

そろそろサンタさんに何をお願いするか決める時期になりました。

「なにをお願いしよっかな~。あ、そうだった。我慢するんだった。」

 

意思の強い次男坊らしく、サンタさんにもお願いしないようです。

本気で欲しいのはゲームのようです。

お兄ちゃんが何をお願いするか悩んでいる横で、ボクはお願いできないけどいいんだ、ゲームを後でもらうんだ。そう言う顔は真剣です。

 

お母さんとの約束は絶対なのです。

ダメと言えば絶対にダメだし、買うと約束すればどんなことをしてでも買います。

そのへんはさすがによく分かっています。

お母さんとの約束を守らなかった時の叱られようは半端ではありません。

 

 

まとめ たかが誕生日プレゼントされど誕生日プレゼント

誕生日のプレゼントくらい買ってあげたらいいんじゃないか。というご意見があることも分かっています。

子供にお金の大切さを教えるのは結構難しいですよね。

社会に出てから金銭感覚がルーズだと、直すことが非常に難しいです。

金銭感覚は一日にして成らずです。

 

欲しくて欲しくて仕方がなかったものを手に入れる喜びは忍耐の時期があってこそだと思っています。

適当に、親の気が済むまで我慢させるのでは無く、しっかりと理由を話し、納得すればよいと思います。

ゲーム機とソフトをすでに持っているお友達がいることも知っていますが、よそはよそ、家は家です。

欲しいものがあると我慢をせずにキャッシングする大人にだけはなって欲しくないと心から願っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください