家庭の医学

すり傷の正しい手当の仕方~痛いの飛んでけー~

 

すり傷って痛いですよね。

子供の頃にはしょっちゅう転んですり傷つくってました。

大人になって転ぶと、こんなに痛かったっけ?って思いました。

 

すり傷の手当ってどうやってます?

水道水で洗って、消毒して、救急絆創膏を貼ります?

私の子供時代は ”赤チン” でした。

今でもあるのかな?

 

最新のすり傷の手当は進化してます。

ちょっとビックリしますよ。

消毒しないんです。

 

水道水でしっかり洗ったら、保護テープを貼っておしまい。

1週間くらい、そのままにしておくんです。

すると自分の体からリンパ液が出て来て

傷を治してくれるんです!!

 

保護テープには色んなメーカーから商品が

出ています。

めっちゃ高いものから、お手頃なものまで。

そんなもの買ってないよ~

 

大丈夫 ✨

台所にある、ラップをはさみでチョッキンして傷にペタリンコ

周囲を何でもいいからテープで固定します。

速効でヒリヒリ感から解放されます。

ラップって色々使えて便利な子ですね(^^)

 

我が家の息子達は小さな頃からこんな母に

育てられたので、それが普通だと思っています。

 

転んで帰って来たら、お風呂場へ直行!

「泣いてもいいから動くんじゃない!!」

そう教え込まれているので

「ヒーン・・・ねぇまだ?まだ?」

 

そう言いながらも耐えています。

母さんが良し!というまで許してくれないと

よーく分かっているんです。

 

ここで、大事なポイント (メモのご用意を)

流水で洗う時には容赦しない。

ガシガシとこすって洗います。

勇気のある人は歯ブラシでこすってもOK!

 

まぁ、まずそんな事は出来ません。

痛そうでしょ?

傷口に歯ブラシなんて・・・

 

さすがのわたしもしたこと無いです。

子供には。

自分が転んですり傷作った時にはやりました。

歯ブラシゴシゴシ・・・

 

超痛かった・・・😭

ヒーヒー言いながらこすりました。

目をつむったままで。

だって、化膿したらイヤでしょ?

 

でもね、保護テープってすごいんです!!

貼った瞬間に痛みが和らぐの。

1週間くらいして剥がして見ると、

あら、ビックリ

 

薄く、ピンク色した皮膚が出来ているんです!!

かさぶたなんて出来ないんです。

すっごーい!!

いい仕事するわぁ、本当

 

保護テープは色んなメーカーから出ているので

試してみてください。

ちょっと高いけど、高いだけはありますよ✨

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください