子育て

ウルッと来た子供の発言~怒ってゴメンよ・・・反省するよ~

 

今年の夏を息子達は忘れないであろう。

夏休み前に断水で学校は休校

再開したと思えばすぐに終業式

しかも、各教室で校内放送での終業式

 

成績表をもらわずに夏休みに突入

夏休みだというのに毎日学校へ行く

母さんの勝手で寺社詣で

帰って来るなり宿題に追われる

 

実質の休みなんて4週間あるか無いか。

それでも宿題は、例年よりは少ないかもしれないけど、親から見ても

「終わるの?この宿題って・・・」

ちょっと厳しいのではないか?な量があります。

 

なぜだか一度聞いてみようかなぁと思っているのですが、

夏休み最後の登校日に宿題を持って行かないといけないんです。

9月の始業式に持って行く、では無いんです。

今年の夏休みは8月の最後の週は半日学校に登校する事が決まっています。

その前に登校日があるんですよ。

 

めっちゃ巻かなきゃ終わらないでしょ?

平日は放課後クラブへ行き、夕方自宅に帰る。

親が宿題をきちんと確認出来るのは週末のみ。

自発的にちゃっちゃと終わらせるような息子じゃないんですよ。

 

結果、毎週末になると鬼と化した母さんに怒られながら

宿題をしていました。

「かわいそうだなぁ・・・」

そう思っていましたよ、わたしも。

 

低学年の次男坊は宿題の量も少ないけど、要領がいいんです。

早めにGOOLしました。

学年が上がるにつれ、宿題の量も増えていきます。

長男はそれでなくてもマイペースなのに、量が多い+日数短い

 

親としては間に合わなくてもいいんじゃない?なんて言えません。

新学期が始まるまでに延長してくれないかなぁ、本気で思ってました。

かわいそうだけど、決まった宿題はさせないといけません。

わたしも疲れているけど、週末はずっと宿題に付き合ってました。

 

なかなか終わりが見えないので、かなりピリピリ、カリカリしてました。

 

どこまで進んだの?

 

あと何が残っているの??

 

このペースで間に合うの???

 

 

毎日毎日、挨拶のように言っていました。

少しでも進めるんだ。

1ページでも漢字ドリルをしておくんだ。

楽しみにしているテレビも見せずに締め上げていました。

 

時には涙を浮かべながら、それでも弱音を吐くこと無く、

いや、言えなかったのかな。

 

登校日まで片手で数えられるくらいになって

やっと終わりが見えてきました。

(終わっていませんよ?もちろんですけど)

登校日には間に合いそうだとやっと、やっと、思えるところまでたどり着きました。

 

間に合うだろうと確信したので、

その時点で解放してあげました。

今日は好きなだけテレビを見させてやろう。

「何とか間に合いそうだね。」

そう言うと、安心したような顔をしました。

 

夕食後にわたしが言った「宿題が終わりそうで良かったね。」

これに対して、なんと衝撃発言です。

「お母さん、1日中宿題見てくれてありがとう。」

えぇ~!? そう来る??

何て返したらいいのやら・・・

 

長男坊の発する言葉は後から後からじんわりと効いてくるんです。

ずっと机に縛り付けられていたんだから、

「やったー!!」とか「あ~疲れた・・・」とか

もっと子供が言いそうなことがあるでしょう?

 

それが「見てくれてありがとう」ですよ。

「うん、キミもよく頑張ったと思うよ。」

いや~どういう反応したらいいんでしょう。

 

きっと長男なりに、お母さんもお仕事しているのに、自分の宿題に付き合わせて悪いな・・・

なんて思っていたんでしょうか。

わたしが思っている以上に成長しているんですね。

身体だけではなくて、心の方も。

 

あ~この子は優しい気持ちを持っているんだな。

相手を思いやる気持ちがあるんだな。

ちょっとくすぐったいような、うれしいような。

温かい思いがじんわりと広がっていきました。

 

もう少しで手が完全に離れるであろう長男坊との時間を

大切にしていこうと改めて思いました。

ガミガミ言うのも、もう少しなのかな。

反省とともに寂しさも感じた出来事でした。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください