生活の知恵

スペインオムレツの作り方~ダイエット、子供の好き嫌い、お弁当のおかずに大活躍~

スペインオムレツって知っていますか?

見た目はまるで大きなパンケーキのような、厚みのあるピザのような出で立ちです。

見た目のインパクトもなかなかですが、作るのにちょっとだけコツが必要なんです。

が、いざ作って見ると意外と簡単ですし、何よりも見た目がゴージャスです。

 

大きめのパンケーキをドンッと食卓に置いてからケーキの様に放射線状にカットするので、子供には人気があります。

見た目よりもボリュームがあるので、女性だとこのスペイン風オムレツだけでお腹がいっぱいになります。

使う材料によってはかなりヘルシーにも出来るので、ダイエットにも効果があります。

 

野菜を多く使ったオムレツでも、子供は見た目にだまされて喜んで食べてくれます。

たとえそれが嫌いな野菜であったとしても、残さず食べてしまいます。

食べ終わったあとで、中身の種明かしをすると

「ええ?今まで嫌いで食べられなかったけど、これなら全然平気だったよ!」

なんて、子供の好き嫌いの克服にも効果絶大です。

 

さらには、冷蔵庫の残り物を片付けられるし、切り方次第でお弁当のおかずにもなっちゃうし、フライパン1個で済むし、簡単なのに手が混んでそうに見えるしで良い事ずくめ。

早速紹介してみまぁす。

 

材料

野菜 : ジャガイモ、ほうれん草、アスパラガス、ブロッコリー、ニンジン、ピーマン・・・(水分が少ないモノがベスト)

肉系 : ウィンナー、ハム、ベーコンなど

卵 : 5~6個

塩、こしょう

 

野菜は冷蔵庫にあるものなら何でもOK!

一種類だけでも良いし、複種類入れてもgood

ジャガイモなどの芋類を入れるとかなりボリュームUPします。

まだ入れたことはないですけど、レンコンでも美味しそうです。

 

肉類は無くてもOKですが、ある方が美味しさ倍増です。

細切れやミンチでもいけるかも?だけど、最初はウィンナーやベーコンがオススメです。

頂き物で、使いにくいブロックタイプのハムやベーコンをゴロッと入れると美味しいです。

 

作り方

1.野菜を適当に切る

(ジャガイモは薄切りでも、角切りでも、短冊切りでも何でもOK)

2.肉類も適当に切る

3.上記の野菜と肉類を軽く炒め、塩、こしょうをする。

(後で20分は焼くので、軽く炒める程度で充分です)

4.溶き卵を流し入れ(具材がヒタヒタになるくらい)、中火~やや弱火で10分焼く(フタを忘れずにネ)

5.フライパンに皿をかぶせて、ひっくり返す。

6. そのまま滑らせるようにフライパンに戻す。

7.再びフタをして、中火~弱火で10分焼く。

8.お皿に乗せてそのままテーブルへGO。

9.家族の目の前で放射線状にナイフを入れる。

10.お好みでソースやケチャップをかけても良いし、取り皿に取り分けてから各自、好みのソースなりをかける。(私は何もかけずにいただきます)

 

フライパンは22cmくらいの小さめのモノが上手く出来ます。

オーブンがあるご家庭は、オーブンで焼いても美味しそうですね。

 

家族の反応

気になる家族の反応ですが、初めて作った時には

「うわ~、何これ?ケーキ??」

「すっごーい!!」

まぁ、上々の反応が返ってきました(少々どや顔です^^)

 

見た目は分厚いホットケーキのような出で立ちですからね。

目の前でナイフを入れて、取り皿に取り分け、好みのソースを選んでネと手渡すと、

「もう、食べてもいい?」

と、待ちきれない様子でかぶりついていました。

 

飲み込んでから、「ブロッコリーが入ってるよ」と言うと

「え?・・・オレ、ブロッコリー好きだもん。」

へぇ~ブロッコリー好きだったんだぁ、知らなかったなー、ホウホウでした。

 

いざ、自分も実食してみると、予想以上のボリュームがありました。

22cmのフライパンで焼いたスペインオムレツでも、その25%を食べきるだけでお腹がいっぱいになるだろうとすぐに予測できました。

初回はブロッコリーとウィンナーしか入れていなかったのに、です。

 

芋類を入れるとさらにボリュームUPは間違い無いです。

野菜と少しのウィンナーと卵だけでお腹がいっぱい。

揚げ物では無いので、油もたいして使っていません。

カロリーはおよそですが、ひとり250キロカロリーあるか、無いか・・・

 

これって、絶対に痩せますよね?

スープを付けても知れてます。

食べきれるかどうか、怪しかったので、少し残しておきました。

そして、当然翌日の自分のお弁当へINします。

 

お弁当用には少しとんかつソース(我が地元は違うけどね)をかけました。

ちょっと話はそれますが、おたふくソースって知ってますか。

お好み焼きにかかっている広島ではポピュラーなソースなんです。

 

 

これです。

このソース、お弁当に持ってこい!なんです。

他のソースよりも粘度が高いので、別の容器に入れておかなくてもOKなんです。

少し甘めですが、広島県民はずっとソースと言えば、おたふくソースをイメージするくらい無くてはならないものなんです。

 

全国区に知らしめたのが西条秀樹さんだと言われています。

今は普通に売っているそうですね。

詰め替え用もあって、ビックリしました。

機会があれば、試食してみてくださいね。

 

まとめ : 一回は試してみて~

今夜の夕飯の献立に頭を悩ませているなら、作ってみません?スペインオムレツ

ダイエットにもなるし、子供は喜ぶし、お弁当のおかずも確保出来ますよ~

調味料なんて、塩こしょうだけですから。

ほぼ放置で出来上がるのに、すっごい料理上手に見えるという優れもの。

 

「昨日の夕飯、何食べた?」って聞かれても、澄まして

「夕べはスペインオムレツだったの。」な~んて言えますよ。

緑黄色野菜って子供の敵なのか?と思ったりもしますが、オムレツの前に敵無しです。

1回だまされたと思って作ってみてくださいね~

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください